本文へスキップ

上川中部基幹相談支援センターは障がいに関するいろいろな相談をお受けします。。

TEL. 0166-84-7111

〒078-1393 北海道上川郡当麻町3条東2丁目11番1号

当麻町・比布町・愛別町・上川町の地域生活支援拠点整備について

地域生活支援拠点とは

 障がいのある方の重度化・高齢化や「親亡き後」を見据え、居住支援のための5つの機能(①相談、②緊急時の受け入れ・対応、③体験の機会・場の提供、④専門的人材の確保・養成、⑤地域の体制づくり)を地域の実状に応じた創意工夫により整備し、障がいのある方の生活を地域全体で支えるサービス提供体制を構築することです。

当麻町・比布町・愛別町・上川町の地域生活支援拠点整備に関する意見交換会について

 地域生活支援拠点の整備にあたっては、自立支援協議会等を十分に活用し、地域の関係者の中で、整備方針を検討することが重要であるとされています。
 これを踏まえて、当麻町・比布町・愛別町・上川町では平成29年10月25日に地域の関係者を一堂に会し、意見交換会を開催しました。
意見交換会 結果 意見交換会 資料

当麻町・比布町・愛別町・上川町の地域生活支援拠点整備状況

 当麻町・比布町・愛別町・上川町は、上記意見交換会での活発な議論を経て、平成30年3月31日をもって地域生活支援拠点の整備(面的整備)を完了しました。(面的整備とは地域における複数の機関が分担して5つの機能を担うことです)
 平成30年3月31日(平成29年度)に整備を完了しましたが、平成30年度には関係事業所で構成した「地域生活支援拠点検討委員会(会の名称:すーぱーきたよんちゃん)」を設立し、これまでネットワークづくりを中心とした検討委員会の開催を行い、拠点の5つの機能について協議を深めてきました。
整備概要(付表) 体制イメージ図

地域生活支援拠点検討委員会(すーぱーきたよんちゃん)開催状況

 これまで開催しました「すーぱーきたよんちゃん」の開催状況については下記のとおりです。
回数 日にち  開催場所  協議内容 
第1回 平成30年 6月29日(金) 当麻町
農村環境改善センター 
○地域生活支援拠点についての
 情報共有
○平成30年度活動協議 
第2回 平成30年 8月23日(木) 比布町
ワークサポートフレンズ 
○イメージキャラクターすーぱ
 ーきたよんちゃんのイラスト
 確認・活用方法検討
○緊急時の受け入れ・対応、体
 験の機 会・場の提供の協議
第3回 平成30年10月25日(木) 愛別町
特定非営利活動法人あいねっと
○24時間体制の相談受付機能、
 体験の機会・場の提供につい
 てグループワーク
○拠点ガイドブックの情報共有
第4回 平成30年12月13日(木) 比布町
麺どう菜
○専門的人材の確保・育成、
 地域の体制づくり協議
○イメージキャラクターすーぱ
 ーきたよんちゃんのグッズ作
 成
第5回 平成31年 2月14日(木) 当麻町
ギャラリーかたるべプラス
○緊急時の受け入れ・対応、体
 験の機会・場の提供協議
○次年度活動検討
第6回 平成31年 4月25日(木) 比布町
ピピカフェ
○前年度の振り返り、今年度活
 動確認
○普及啓発に向けて配布チラシ
 の内容協議
○緊急時、体験利用の受け入れ
 と対応検討
第7回  令和元年 6月27日(木) 当麻町
かたるべの森美術館
○事業所紹介の確認
○配布チラシの内容と配布方法
○体験、緊急の登録書協議
第8回 令和元年 8月29日(木) 当麻町
公民館まとまーる
○前回までの振り返り
○事業所紹介について
○啓発活動の報告
○パンフレットについて
○すーぱーきたよんちゃんのポ
 ーズについて
第9回 令和元年10月24日(木) 愛別町
特定非営利活動法人あいねっと
○前回までの振り返り
○事業所紹介についての確認
○パンフレットの内容について
第10回 令和元年12月12日(木) 当麻町
かたるべの森
○新しいB型事業所の紹介
○11/22の4町福祉課との話し合
 いについて
○ガイドブック(案)について
○来年度以降の当事者、町民、
 関係機関への周知方法
○パンフレットについて
令和2年 2月 ※新型コロナウイルス感染症拡
 大防止のため中止
第11回 令和2年 6月25日(水) 当麻町
役場会議室
○前回までの振り返り
○今年度のスケジュールと課題
 整理シート
○地域生活支援拠点の資料につ
 いて
○各事業所での拠点の周知につ
 いて
○町民や関係機関への周知方法
 について
第12回 令和2年 9月24日(木)  当麻町
公民館まとまーる 
○平成29年度からの地域生活支
 援拠点の取り組みについての
 報告
○報告と情報共有
 ①地域生活支援拠点の周知方
  法 ・場所について
 ②地域生活支援拠点の経費に
  ついて
○体験の機会、場の提供につい
 て(宿泊、自立生活のプログ
 ラムについて)
第13回 令和2年11月12日(木) 当麻町
公民館まとまーる 
○各事業所での拠点の説明会実
 施状況について
○周知状況確認
○資料の変更について
○宿泊、自立生活のプログラム
 についての協議
第14回 令和3年 2月25日(木) 当麻町
公民館まとまーる
○前回の振り返り
○各町の地域生活支援拠点の周
 知状況について
○地域生活支援拠点の利用登録
 について
○次年度の地域生活支援拠点検
 討委員会「すーぱーきたよん
 ちゃん」の運営について

令和2年度の取り組みについて

 当麻町・比布町・愛別町・上川町それぞれの町の自立支援(地域づくり)協議会やすーぱーきたよんちゃんでの協議を踏まえ、令和2年度は5つの機能の強化や充実、さらには周知に重点を置き取り組みを進めています。
 また、今年度は当麻町・比布町・愛別町・上川町の障がい福祉担当者が集まり、地域生活支援拠点実施要綱や地域生活支援事業の任意事業である地域移行のための安心生活支援事業実施要綱の策定に向けた協議や緊急発生時の受け入れ・対応など5つの機能の課題協議を行ってきております。
回数 日にち  開催場所  協議内容 
第1回 令和2年 6月 3日(水) 当麻町
役場会議室 
○要綱・要領について
○緊急発生時の受け入れ・対応
 の詳細検討
○登録制の懸念
○利用日数の設定
○体験の機会・場の提供での利
 用可数
○宿泊、自立のプログラムの実
 施に向けて 
第2回 令和2年 7月13日(月) 当麻町
役場会議室 
○参加されていない事業所への
 アプローチ
○前回の検討についての確認
○各資料についての周知方法
第3回 令和2年 8月21日(金) 当麻町
役場会議室
○要綱策定協議について
○周知場所と方法について
○ホームページの確認の内容
第4回 令和2年10月21日(水) 当麻町
公民館まとまーる
○第6期障がい福祉計画・第2期
 障がい児福祉計画について
○要綱策定協議・整理について
○周知場所と周知方法の具体化
 について
○きたよんホームページの確認
 について
○地域生活支援拠点のチラシの
 変更について
○地域生活支援拠点のとりくみ
 の資料編について
○11月の地域生活支援拠点検討
 委員会「すーぱーきたよんち
 ゃん」の開催について 
第5回  令和3年 2月 9日(火)  当麻町
公民館まとまーる
○次年度の地域生活支援拠点の
 運営について
○次年度予算状況及び要綱策定
 進捗について
○地域生活支援拠点のホームペ
 ージ進捗について
○2月の地域生活支援拠点検討
 委員会「すーぱーきたよんち
 ゃん」の開催について 

各種資料・パンフレットの作成

 これまでのすーぱーきたよんちゃんの中で出た意見をもとに、各種資料やパンフレットなどを作成しました。
 令和2年度の目標の一つである地域生活支援拠点の「周知」をするためのツールとして、また、障がいを持った方が地域で生活していくためのお手伝いや見守りなどを行う地域の体制づくりの一端を担う「すーぱーきたよんちゃんライフサポート(通称:きたサポ)」の登録を推進していくためのパンフレットなどを作成しました。
 今後、様々な関係機関への説明や理解促進・啓発活動を実施し、地域生活支援拠点の周知や利用登録、きたサポ登録の推進を進めていきたいと考えています。

地域生活支援拠点チラシ
地域生活支援拠点パンフレット
地域生活支援拠点-とりくみ-
地域生活支援拠点-とりくみ(資料編)-
きたサポパンフレット
きたサポの手引き
福祉便利帳

地域生活支援拠点に係るお問い合わせ・利用登録・
きたサポの登録について

 地域生活支援拠点に係るお問い合わせや拠点の利用登録、きたサポの登録については、メールやお電話などで受け付けしております。
 お気軽にお問い合わせください。
電話番号:0166-84-7111

メールでのお問い合わせや相談はここをクリック!


                                 このページの先頭へ

バナースペース

上川中部基幹相談支援センター

〒078-1393
北海道上川郡当麻町3条東2丁目11番1号

TEL 0166-84-7111
FAX 0166-84-7333

マスコットキャラクター

名前の由来は、地域生活支援拠点を進めていく中で、四つの町の事業所間での連携が重要になること、地域の皆さんに関心を持ってもらえること、スーパーな四町と四つのチャンネル(特徴)があり、チャンネルを合わせたらつながるという意味です。
よろしくお願いします💛