旭岳で見られる自然現象
 冬の大雪山を見た人は誰でも同じ印象を持つはず。「凄く寒そう」「風が強そう」といったものでしょう。そのとおり、というより想像以上に大雪山の冬は寒さと風が強いのです。特に北西の季節風は厳しく激しいもので、山頂や稜線の積雪を吹き飛ばすほど。このため冷たい風にさらされた山肌は著しい凍結状態となってしまいますが、その結果、大雪山独特の地形が現れるようになりました。
 大雪山のような寒冷地で凍結に関連して起こる自然現象を「周氷河(しゅうひょうが)」現象と呼び、それによってできた地形を「周氷河地形」といいます。それらの地形は、夏期になると、姿見の池周遊路や裾合平で見ることができます。
 また、自然現象の発生する気象条件さえ整えば、大雪山の冬期には、ダイアモンドダスト、サンピラー、風紋などを見ることができます。虫眼鏡(3倍以上)を持って駅舎横のコースを少し歩き、新雪を手にとってよく見てみると、綺麗な雪の結晶をみることができます。
 サンピラー
  大雪山旭岳は、冬にサンピラーが出現しやすい場所だということを知っていますか?特に、日没前後に太陽と同じ幅か少し広く、光の柱のようなものが現れることがあります。これが太陽柱(サンピラー)と呼ばれるものです。サンピラーは、大気中の氷の結晶に太陽光が反射して出現するもので、氷の結晶の底面がほぼ水平に並びつつも多少揺らいだときに上下に光の柱が伸びます。オススメの時間帯は、15時から16時の間で、気象条件が整えば、ロープウェイの車窓から見ることができます。その際は太陽が沈む西側の方に注目してください。サンピラー出現の特性上、見下ろせる場所の方がよく見えるので、ロープウェイ乗車中か姿見駅のデッキからお楽しみください。また、運がよければ、満月の時は月の光に、氷の結晶が反射してムーンピラーも出現することがあります。
 ダイアモンドダスト
 ダイアモンドダストの出現は、気温が−15度以下の良く晴れた無風(微風)のときに、雲になるはずだった水蒸気が一瞬にして、氷の結晶となり降ってくる現象のことです。この氷の結晶が太陽の光を受けるとキラキラと輝き、その様がダイヤモンドの塵(ちり)を空中に撒いたように見えることから「ダイヤモンドダスト」と呼ばれるようになりました。氷の結晶は六角形の柱状や板状で、結晶がぶつかりあう時小さな音が出ることがあります。これを「天使のささやき」と言うそうです。目を閉じて耳を澄ませてその音を聞いてみては!なお、ダイアモンドダストの観察は、旭岳の山麓駅周辺やコース内でもわりと見られる現象で、特に午後は西日になるため観察しやすく、背景が暗く影になるような場所であれば、よりくっきりと観察できます。
 シュカブラ(風紋)
 大雪山旭岳は、世界的にも珍しい常時北西の季節風が吹く場所で知られ、その風が風紋(シュカブラ)を出現させます。シュカブラとは、冬期に高山の山稜や雪面に見られる現象で、強風と低温により硬くなった表面に様々な波状の紋様ができることを言います。旭岳のシュカブラは、北西の季節風が常時吹いていることから、大規模な風紋が現れ、時のは、1日にして数メートルの雪の壁が強風により突如出現することもあります。また、あまりに風が強いので、雪がほとんど積もらなく地面が見える場所も大雪山系の山々にはいくつかあります。オススメは、夫婦池の周辺のシュカブラです。なお、冬期の観察は、遭難など大変危険を伴う為、地元の熟練ガイドと一緒に観察することにしましょう。

Winter season course
完全冬山の旭岳エリア

コース利用許可認定期間以外は、ゴンドラ内にスキー等の持ち込み乗車はお断りしております。

 スキー(登山用等含む)・スノーボード等のロープウェイの持ち込み乗車は各コースの利用開始決定から終了迄の期間のみ可能です。利用開始の決定は環境省・上川総合振興局・東川町などの旭岳関係官公庁等立ち会いによる現地積雪確認により決定しています。コース上にてハイマツ等の植物が隠れていない状況では許可は下りません。関係官公庁等及び弊社の定める旭岳における冬季シーズン以外はゴンドラ内にスキー(登山用等含む)・スノーボート等の一切の滑走用具類の持ち込み乗車をお断りしております。持ち込み乗車をお断りする事は、大雪山系の植物・自然環境保護の一環と考えておりますので、お客様のご理解ご協力をお願い致します。 

 大雪山国立公園は北海道の中央部に位置し、面積は約23万ヘクタールで、陸域では日本最大の国立公園です。山岳は2,000m前後の高さしかありませんが、北に位置しているため本州の3,000m級の山岳に匹敵し、冬季の気象状況は特に厳しい地域です。毎年大小にかかわらず山岳事故が起きているエリアですので、安易な気持ちで山域に入ることは絶対におやめください。

 旭岳エリア※での「迷った・迷ったかも」「遭難した・遭難したかも」「怪我で動けない」等は山岳事故の状態ですので、まずは警察110番に通報をしてください。万が一の事故に備えて十分な防寒具、食料、水、携帯電話、予備の携帯電池、GPS機器などの装備が必要です。寒冷下では携帯電話等の電池は急速に消耗しますので注意してください。(通報の際は手持ちのGPS機器で現在地の座標を知らせる事が必須です。)
※旭岳エリアは各コース・各コースの両サイド等も含めて全てが旭岳エリアです。

各コース以外の山域全ては弊社管理区域外です。
弊社ロープウェイスタッフによる各コース以外での救助活動は一切行っておりません。
各コースの巡回パトロールは行なっておりません。

旭岳エリアを利用される皆様へ
1.旭岳エリアは国立公園特別保護地区にあり、一般的なゲレンデスキー場施設ではございません。旭岳エリアの利用は夏山登山と同様に全て自己判断・自己責任となります。旭岳エリアへの入山等は雪崩発生・立木衝突・沢への転落・遭難等のさまざまな山岳事故が発生する危険性があります。弊社としましては冬山上級者以外は旭岳エリアには決して立ち入らないように注意を呼びかけております。
2.旭岳エリアでの怪我・転落・遭難等の山岳事故に対する救助には、警察署110番・救急車119番・東川町大雪山国立公園保護協会などの関係機関に救助要請をして頂きます。山岳事故・救助活動にかかる費用は別途請求となります。なお、ロープウェイスタッフによるコース以外での救助活動は一切行なっておりません。(大雪山系管轄警察署 旭川東警察署 TEL 0166-34-0110)
※旭岳に山岳救助隊は常駐していません。山岳救助隊が現場に到着するまでかなりの時間がかかります。万が一の事故に備えた十分な装備での入山が必要です。
※お客様によるロープウェイ最終下り便の乗り遅れ通報・乗り遅れによる臨時運行は山岳事故として取り扱い、警察署に通報させて頂くこととなっております。山岳事故にかかる費用は別途請求となります。
3.冬山の気象は急変します。視界不良(吹雪・濃霧・ホワイトアウト等)時は無理な行動をせず視界が晴れるのを待つ事も身の安全を守る手段の一つです。「進路が分からない」「迷った・迷ったかも」は山岳遭難事故の状態ですので、すぐに警察署110番に通報し救助要請を行いましょう。(救助要請を行なったらすぐに救助してもらえると言うわけではありません。)万が一に備えて地図表示が可能なGPS機能付きの機器を装備する事は必須だとお考えください。
4.山岳遭難の多くは単独行動です。必ず同伴行動で利用されますようご注意お願いします。山岳知識・技術等に自信のない方は上級山岳知識者・技術者との同伴行動を心掛けてください。
5.初めて旭岳エリアを利用される方は、まずは旭岳ビジターセンター等にて情報を確認してからの入山等をお勧め致します。安易に他の利用者の後・踏み後をついて行く行為は遭難につながる危険性がありますのでご注意ください。
6. [各コースについて] コースの利用は冬山登山者の登山コースとして、また滑走目的として等のさまざまな方が利用されますので周囲に十分注意を払って利用してください。(コース内外問わず利用者間のトラブルは当事者同士で解決するものとし弊社は一切関与しません。)
7. [各コースについて] 自然の景観を守るために必要最低限の標識・ポールしか設けておりません。利用前に必ずコース内容・進路等を十分に確認・理解・把握し注意を払って利用してください。視界不良・豪雪等によりコンディションが悪い時は無理をせず自己判断で利用を中止してください。コースを外れると遭難につながる危険性があります。
8.お子様をお連れの保護者の方はけしてお子様から目を離さず必ず常に同伴利用をお願い致します。お子様だけの利用はコース内であっても危険ですのでご遠慮ください。万が一、お子様だけで遭難した時の事をお考えください。

2020-2021冬季シーズン ロープウェイ料金表 Ropeway Fare Table
 往復券
 round trip ticket
大人(中学生以上)
2,200円
小人
1,500円
 1回券(片道券)
 single ticket
大人(中学生以上)
1,300円
小人
900円
 6回券(上り便専用)
 6 times ticket
大人(中学生以上)
6,300円
小人
4,400円
 4時間券(上り便専用)
 4 hours ticket
大人(中学生以上)
4,200円
小人
2,900円
 1日券(上り便専用)
 1 day ticket
大人(中学生以上)
5,200円
小人
3,600円
6回券・4時間券・1日券に関しまして
冬季シーズンのコース利用可能な許可認定期間のみ販売いたします。
悪天候等の気象状況により運休となりましても、日付変更・時間延長・払戻等の対応はございません。
1日券・4時間券は確実に複数回の乗車を保証する乗車券ではありません。
乗車券購入後の券種変更・払戻は一切行いません。
ロープウェイ上り便のみご乗車頂けます。(下り便のご乗車はできません。)
6回券は購入された冬季シーズン期間中有効です。
乗車券お買い求めの際は気象状況等を良くご確認頂いてからお買い求めください。
ご不明な点はご購入前にお問い合わせください。


その他注意事項

コース利用許可認定期間以外は、ゴンドラ内にスキー等の持ち込み乗車はお断りしております。

 スキー(登山用等含む)・スノーボード等のロープウェイへの持ち込み乗車は各コースの利用開始決定から終了迄(5月連休最終日を目途)の期間のみ可能です。利用開始の決定は環境省・上川総合振興局・東川町などの関係官公庁等立ち会いによる現地積雪確認により決定しています。関係官公庁等及び弊社の定める旭岳における冬季シーズン以外は、ゴンドラ内にスキー(登山用等含む)・スノーボート等の一切の滑走用具類の持ち込み乗車をお断りしております。持ち込み乗車をお断りする事は、大雪山系の植物・自然環境保護の一環と考えておりますので、お客様のご理解ご協力をお願い致します。※ご不明な点はお問い合わせ下さいませ。


許可なく番組撮影・取材活動・ドローン持込乗車はお断り致しております。
 弊社の許可なく各駅舎内・搬器内・駐車場・各コース等での番組撮影・取材活動等はお断りしております。また、山域での番組撮影・取材活動等は環境省・東川町大雪山国立公園保護協会・他関係機関にご相談ください。小型無人飛行機等(ドローン・ラジコン等)のロープウェイ内持ち込み乗車はお断り致しております。但し、関係省庁・行政機関等から許可承認済みの場合は除きますが、弊社管理用地からの飛行はお断り致しております。

旭岳ロープウェイでは登山用具・滑走用具等のレンタル業務は行なっておりません。
 旭岳ロープウェイではスノーシュー・防寒具・スキー等のレンタル業務は一切行なっておりません。

冬季シーズン営業終了後のコース利用に関しまして。
 冬季シーズンとしての営業は例年5月連休最終日を目途に終了となります。冬季シーズン営業終了後のコース滑走目的利用は下記の理由等により終了とさせていただきます。
(滑走用具類のロープウェイ内への持ち込み乗車はできません。)
◇ コースの積雪が不足しコース状態が悪くなるため
◇ コースの積雪が不足し圧雪車の走行が不能となるため
◇ 植物等が芽を吹く時期となり大雪山系の植物・自然環境保護に努めるため 等・・・

ワカサリゾート(株) 旭岳ロープウェイ
〒071-1472 北海道上川郡東川町旭岳温泉
TEL:0166-68-9111 FAX:0166-68-9112