TOPインターネット安心サービス迷惑メール対策

インターネット安心サービス

迷惑メール対策

ポテトの迷惑メール対策機能の仕組み

ポテトール対策機能は、利用者宛に配送されたメールをウイルス/スパム(迷惑メール)チェックサーバでウイルスの有無と迷惑メールの正否を確認し、サーバが持つスパム(迷惑メール)データベースに該当するメールだとチェックされると、本来の件名の先頭に迷惑メールであることを表す文字列[meiwaku]を付加し、利用者のメールボックスに配送します。

例えば・・・
元の件名(subject):こんにちは
迷惑メールと判定した件名:[meiwaku] こんにちは

上記のように[meiwaku]が元の件名の先頭に付加されます。

このようにして迷惑メールと判定されたメールには、件名に[meiwaku]の文字列が付加されますので、この文字列をお使いのメールソフトの振分け機能(メッセージルール)を設定し、任意のフォルダに自動的に移動させる、削除させるなどの対策を行うことが可能となります。

メールソフトの振分け機能(メッセージルール)は、お使いのソフトによって機能や設定に様々な方法がありますので、詳しくはメールソフトのヘルプやWebサイト、市販の解説書などを参照されることをお奨め申し上げます。

ポテトで推奨する振分け設定は、件名に[meiwaku]の文字列があるときに迷惑メールなどの名称の任意のフォルダに移動するものです。迷惑メールの正否判定は、一般のウイルス対策ソフト同様100%完全なものではありませんから、直ちに削除してしまう設定をすると、必要なメールまで誤って消去してしまう可能性があるためです。弊社の検証では、概ね95%程度の判定率であることを確認しております。

迷惑メールフォルダに移動されたメールは、ご利用者の方の判断で削除等を行っていただきます。

ホワイトリスト・ブラックリスト

必ず迷惑メールと判定されたいメールアドレスを迷惑メール指定リストに、また、迷惑メールと判定されたくないメールアドレスを受診許可リストにそれぞれお客様で設定が可能です。(最大各20件)

下記URLより設定を行うことができます。

https://set.potato.ne.jp/

ホワイトリスト・ブラックリスト

メールソフトの参考設定方法

 

▲ページの先頭へ